40代の転職理由で多いのがリストラ

転職をして年収アップを図る方も多い

40代で転職を決断した人の理由を見てみると、圧倒的にリストラにあったという回答が多いです。

不景気が続いた日本では、人件費削減のためにリストラを進める企業が増えました。

そこで、ターゲットとなったのが、給料が高い40代以上の正社員です。

解雇とはならないまでも、何も必要のない部署に回されたり、やったことのない部署にいきなり転属となり、転職を決断したという人がいました。

それから、健康上の理由で転職を決断したという人もいました。

40代ともなってくると、体のどこかに病気ができたりすることは珍しくありません。

どうしても全盛期のように体が動かなくなり、転職を決断したという人がいました。

親に介護が必要となり、地元に帰るために転職したという人も多かったです。

また、給料を上げるための転職というパターンも多いです。

40代となると、それなりに色々と技術が身に付いたり、人格的に完成されたりしてきます。

子供も大きくなり、学校や塾などの費用がかさんでくることも多い時期です。

しかし、会社が落ち目の場合、いくら仕事をしても給料が上がらないこともあります。

そこで、景気の良い会社に転職し、年収を上げるというケースもありました。

特に、インターネットの発達により、他の同業他社の平均給与の情報なども手に入りやすくなりました。

40代が転職する理由は様々

平均給与が明らかに違っていたので、他社に転職したケースもあります。

また、40代となると、最後の勝負がしてみたくなる年齢という点も、転職を決断した理由の一つとして上がっていました。

このまま今いる企業に勤めても、ある程度限界が見えているという時に、転職を決断します。

あまり歳をとっていると、転職はなかなかできません。

なんとか若い感性の残っている今がラストチャンスだと思い、転職を決断するケースもあります。

引き抜きエージェントなどに説得されて転職を決断する40代も多いです。

40代になると、それなりに業界で名前が売れてきたりすることもあります。

そういった時に、転職エージェントや、他社の社員から勧誘を受けて、転職を決めるケースもありました。

人は、ある程度歳をとると、名誉欲が出てくることも多いです。

今の仕事は高給だけど、名誉という点では不満足だと感じはじめるのも、40代が多いです。

しっかりと必要とされるところで仕事がしてみたいと思うようになり、転職を決断したケースもありました。