理想と現実のギャップをしっかり認識する

40代からの転職は人間関係などで疎遠されがちになる

40代の仕事探しの現実は、非常に厳しいところがあります。

若い人でさえ、仕事を探すのに苦労しています。

そこに、色々と記憶力や体力の落ちた40代が入り込もうと思っても、なかなか難しいことが多いです。

さらに、入社した際に、指導する人が年下など、色々と人間関係で問題が起こる点でも敬遠されがちです。

仕事では、上司が怒鳴りつけるなどは日常茶飯事となっていますが、こちらは年上だぞと思ってしまい、コミュニケーションに齟齬が出ることもあります。

若い人であれば、年上からしかられても、ある程度素直に従うことができますが、40代となると若造からしかられると辛いという現実もあります。

また、40代の場合、ある程度部下もでき、ちやほやされてしまうことがあります。

自分はどこに行っても通用すると思っていたのに、それは部下たちがちやほやしていただけの可能性もあります。

ちょっとしたことが原因で前職を辞めてしまったが、あれだけうまくやれていたのだから、いくらでも欲しがる企業はいるだろうと思っていると、意外とないという現実があります。

理想としては、安い給料で今まで我慢してきたから、もっと良い企業に転職してやると思っていますが、現実ではさらに安くなるケースも多いです。

転職活動中の資金繰りで困る方も多い

それと、転職活動中の資金繰りが意外と困ってしまうケースもあります。

前職を辞めてから転職活動を行なう場合、基本的に転職活動中は無収入となります。

自己都合で前職をやめた場合には、3ヶ月は失業保険も出ませんし、出ても半年程度で終わってしまいます。

そうなってくると、家賃などもダイレクトで貯金を削っていくことになり、色々と焦ってしまいます。

焦ってくると、うまく転職活動ができなくなってしまったりと、悪循環に陥ることもあります。

しっかりと資金繰りも含めて計画を練ってから、転職するかどうかの決断をした方が無難だと言えるでしょう。

その他、外国に転職する人の場合、うまくコミュニケーションがとれなかったり、意外と文化の違いがストレスとなって転職が成功しないこともあるので、注意が必要となっています。

ちなみに、転職活動を通じてキャリアコンサルタントの仕事に興味を持ち、その職に就きたいと考える方も少なくありません。
キャリアコンサルタントになるには、転職希望者にアドバイスを与えたり、業界の詳しい情報をもたらすことも必要になりますから、何かしら専門的なキャリアを持っているとより良いでしょう。