転職する理由を明確にしとく

40代の方には即戦力になってもらう事が求められる

40代の転職となると、まず、辞めた理由を聞かれます。

なぜ40代にもなって、転職が難しいのに、辞めてしまったのかは非常に気になるところです。

何か大きな問題をかかえているのではないか、致命的な欠陥があるのではないかと面接官は疑ってかかってきます。

しっかりとそごがないように、前職を辞めた理由を答えられるようにしておく必要があります。

親の介護をするために地元に帰ってきたなど、逆に面接官にプラスになるような受け答えをすると、採用される確率も上がってくれます。

それから、前職で何をやっていたのか、それをこの職でどう活かすかが問われます。

基本的に、40代となると、あまり育てて使おうという気のある企業はありません。

即戦力として何ができるのかで、採用の可否が決定することが多いです。

前職で何をやっていたか、これから入りたい企業に、それがどう役立つのかを整理して話せるようにしておくことが大事になります。

また、転職期間が長くなった場合、その期間に何をやっていたのか聞かれることも多いです。

勢いで会社をやめてしまった時や、病気で会社を辞めてしまった時には、一時的に自宅で療養することも少なくありません。

しかし、新しい就職先で、その期間何もやっていませんでしたと答えると、印象が悪くなることも多いです。

しっかりと自宅で療養している間も、資格の勉強をしたり、ボランティアに参加しておくなどして、何かやっていたということを答えられるようにしておく必要があります。

面接間に対しての質問もしっかり準備しとく

それと、給与の希望額を聞かれることもあります。

40代ともなると、それなりにプロ意識があり、これ以上の給料を出してくれないなら就職しないという人も多いです。

早めに給与の希望額を聞いて、それから質問をあれこれしたいというケースもあります。

給与に関しては、転職エージェントなどを利用すると代わりに行なってくれるので、必要ないケースもあります。

その他、何か聞きたいことはありますかと聞かれるケースも多いです。

若い人の採用時などでも聞かれますが、40代ともなると、色々とこだわりのある人も多くなります。

なるべく答えられる範囲で答えてあげようとしている場合が多いので、しっかりとした質問もいくつか考えておいた方が無難だと言えます。