40代の方が転職活動を有利にする事ができる資格とは

独占系の資格は有利になる

40代転職で有利の資格として、まずは運転免許証があります。

運転免許証を持っていない場合、40代で免許もないのかと思われてしまい、不利になります。

しっかりと取得しておいた方が無難な資格となっています。

それから、独占系の資格が有利となっています。

独占系の資格とは、その資格を持っている人しか、その仕事ができないというような資格です。

高度なものでは、弁護士資格や税理士資格、会計士資格、医師免許などがあります。

薬剤士や建築士、電気工事施工管理技師、栄養士なども仕事が安定的にあります。

こういった独占系の資格を持っている人は、かなり有利に転職できると言えるでしょう。

さらに、日商簿記検定も持っていると有利になります。

事務系の仕事に申し込む場合には、日商簿記2級程度を持っていると、簿記関連のことを知っているなと思ってもらえ、有利になります。

即戦力になる事を証明できる技術系の資格も有利になる

また、よく持っていると色々と便利と言われるのが、宅地建物取引主任者です。

いわゆる宅建と呼ばれる資格であり、応用性も高く、不動産関係に転職する場合には、非常に有利に働きます。

IT系に転職する場合には、基本情報技術者や、応用情報技術者といった資格が有利になります。

技術系の資格は、話がとりあえずわかる程度には知識があるという証明になります。

あとは、現場でいかに即戦力になるかを、今までの経験などから話せば、40代でも採用してもらえます。

それと、最近ではTOEICの点数を重視する企業が増えてきています。

元気のある企業ほど、海外へ展開したいという願望を持っており、TOEICの点数が良い人を積極採用する傾向があります。

英語が得意というのは、一つの資格なので、英語ができる場合には、積極的にテストを受けて資格として提出することをおすすめします。

その他、インテリアコーディネーターや社会保険労務士、介護士の資格なども、40代の転職で有利に働いてくれます。

介護業界は、人手不足のことも多いので、転職したい場合には、簡単な介護系の資格を取得して転職すれば、かなりの確率で転職することが可能と言えるでしょう。